ほっこりライフ

外に出歩くと道もピンクの花びらが絨毯のようになって、もう桜も終わり春もあっという間にすぎてく感じがしますね。今年に入り少し経ってフルで働いてた仕事もやめて少し休憩させてもらい自由な時間を愛犬と毎日のんびり過ごす毎日です。愛犬が我が家へ来た時からこんなにも一緒に過ごす時間は全然なくて、何時間もハウスで首を長くし、やることは寝るだけで退屈な毎日だったと思うと寂しい思いをさせて、家へきてこの子のは幸せだったんだろうかと思うこともありました。仕事終わりに帰って癒してくれるこの子は大切な家族なのですがストレスもたまってるせいかたくさんの被害物を出しながらたまにイラッとすることも、、、でも今はずっと一緒で家にいてもひたすらくっついて甘えんぼさんでもう溺愛可愛いすぎてたまりません!!!これがよく言う親バカってやつですね(笑)

お散歩へ行ってもチラチラとこちらの顔を伺いながら、にこにこ歩いてる姿も毎日欠かさず写メを撮り主人に報告することが今では毎日の日課です(笑)主人も仕事のやる気パワーになるそうです。夜寝るときも幸せそうな顔をして寝てる姿をみて1日の終わりもほっこりです。家族って本当にいいですね。

続きを読む

最低だった彼氏

私は今までに何人か外国人と付き合った事が有りますが、一度アルゼンチン出身の男性と付き合っていました。彼は仕事も優秀で、英語は流暢に話せるし、とにかくエリートな感じでした。その彼は私と結婚を前提にお付き合いをしたいと私に言ってくれていましたが、私は何年か付き合ってからでないとそれは無理だなと思ってい事と、その時私はちょうど映画関係の仕事をしていて、ちょうどアメリカの映画に出れるかどうかという話が入っていた所でした。それで東京まで行ってディレクターと話しをする事になっていたのですが、その話を彼にすると、「いつまで夢を追いかけるんだ!そんな事ばかりしていたらいつになっても結婚なんて出来ない!」と私を物凄く叱りました。私は別にまだ彼と結婚をしている訳でもないし、私のしたい仕事の事にまで口を出すのは止めて欲しかったので物凄くショックでした。その電話を切ってから私はもう彼とは付き合えないと思って、彼に私はもう別れたいと言いました。夢を応援してくれる人を探した方が私には合っていると思ったからです。人が頑張って夢を追いかけているのだから応援くらいしてくれて当たり前だと思いました。私はいつも彼が夢に向かって、といっても仕事の関係ばかりでしたが、どんな事でも彼が頑張っていれば応援してあげていました。せっかくそれ以外の事では素敵な人だったのに、とても残念でした。人の事を応援出来ない彼は最低だと思いました。やっぱりエリートは難しいです。 ちなみにその彼と出会うことができたのはこのサイトを参考に出会いました⇒外国人の彼氏がほしい※国内で素敵な外人男性を上手く探す方法

続きを読む

翌日のカレー、華麗にアレンジ術

カレーライスって、一回作ると、翌日も食べたりしますよね。なんとかアレンジしたいのですが、今のところ、和風のだしを入れてカレーうどんにするか、カレーそばにするくらいしかしたことがなかったのです。お友達にいろいろ聞いてみたところ、いろんなアイデアがあって面白かったんですよ。皆さん、ちょっと恥ずかしそうにお話されるところが、面白いんですよね。いつもおしゃれな感じのお友達ばかりですので、たまにこういったちょっと生活感のあるお話をするのが、また楽しいのですが、こういうお話を振るのがいつも私ばかりというのがちょっとどうなんでしょうね。それで、カレーの話なんですが、カレースープという方が数名いらっしゃいましたね。牛乳より豆乳が人気でしたが、あまり煮たてないようにと、皆さんからご注意がありました。それからカレーパンにする方も。ホットサンドにすれば、揚げて油を吸うこともないし、お子さんたちも喜んで食べるそうです。ホットサンドは今度やってみようと思います。子どものおやつにもいいかもしれないですよね。

続きを読む

保育士は出会いがない・・

わたしは10年ほど前まで保育士をしていました。世間のイメージと現実がかけ離れている感じがするので言っておきますが、保育士は出会いがない!私が保育士をしていた頃は、世の中のほとんどの人が携帯電話を所有してはいませんでした。しかも、職場にいる男性といえば、送迎バスの運転手さんか、用務員さんくらいです。ですから、保育士 出会いの場を作るために自分からドンドン外へ出ていかなければなりませんでした。その中でも手っ取り早い方法は、友達や先輩の彼に男友達を紹介してもらう事でした。さすがに紹介する側も自分のメンツがあります。ですから、彼女にも尊敬されるように”ギャンブル好き”や”DVをしてしまうようなとんでもない人”などに出会う事はありません。ただし、いくら紹介でも気が合うとは限りません。実際先輩夫婦にセッティングしてもらい、顔合わせの食事会をしましたが、紹介してくれた先輩夫婦に謝られてしまう程気弱で無口な人に会いました。また他の出逢い方といえば、合コンや婚活パーティーに参加することくらいでした。そこで、良い雰囲気になって、後日2人だけで食事をします。そのお店が勤務先に通園する子供達の行動エリアでしたら、さあ大変??偶然にもデート現場を見られてしまったら、お母さん方の情報網ですぐに広まってしまいます。さらに、通園する子供には『〇〇で会ったよねー??』と嬉しそうに数日間繰り返し自慢されてしまいます。保育士は、1年中行事に追われており仕事も忙しい上、行動エリアにも気をつけないとプライバシーが守れない職業なので、なかなか恋人を作る事は難しいです。

続きを読む

息子のひらがな学習

最近4歳になった息子に、ひらがなをそろそろ覚えさせたいと知育おもちゃや絵本などで遊びがてら教えていたのですが、ついに大体読めるようになってきました。今日はひらがなかるたをやったら、取る方も大分できるようになってきたかと思いきや、今度は読む方に回りたいとひらがなを読んで見せるのです。まさか読む側になるとは少し前までは考えられなかったので旦那と感動していました。うちの息子、もしかしたら頭いいかもしれないと思ってしまうほどでした。ひらがなってそもそも何才位から覚えるものなのでしょうか。まだ幼稚園では習ってる感じもしないし、でも息子が今やる気になってきている時なのでチャンスを逃さず教え込みたいと思います。このタイミングでカタカナや英語も一緒に教えちゃっていいのかも謎なのですが、混乱してしまうのでしょうか。とりあえず本人が気になっているようだったら教えるべきですよね。いつかそんな息子からお手紙を貰うのが夢だったりもします。

続きを読む

スターウォーズをアメリカで見たよ!

今アメリカに冬休みとって旅行に来ているんですけど、さっき日本で見てこれなかった「スター・ウォーズ」、見に行ってきました!料金は3Dだったのでちょっと高めで$14だったけど、窓口でチケットを購入するのと同時に席が選べて、チケットをもぎってくれる所で3Dメガネを本来だったら渡してくれるんだろうけど渡してくれなかったので、予告編を見ている時に気付いて走って取りに行ったんです。ただ、係りの人は全然悪びれる風でもなく、でもちょっと知恵遅れの人かもと思わせる節だったので、特に文句も言わず。。アメリカで映画というとポップコーンなので、ポップコーン買ったのですが、3人だったのでラージを買ったのですが、驚きの$8後半代!高い!よく見たらドリンクも5ドルとかです。映画っていつの間にかアメリカでも高額な娯楽になってたのですね。ま、でもポップコーンないと始まらないので、買って、席でむしゃむしゃ食べてました。そういえば席は全革張りシートで、オットーマンがそれぞれついているタイプなので、フルリクライニングに近い状態で映画が観れます。ちょうど飛行機でいうとビジネスクラス以上、ファーストクラス以下って感じ。あれ、日本にも上陸しないかなぁ。

続きを読む

ハードコンタクトレンズとの闘い

私はハードコンタクトレンズを使っています。ハードレンズを付けた状態でほんの少し目にゴミが入ると激痛が走って目を開けられなくなり、涙が止まらなくなります。そのため、私はマスカラを使いません。マスカラのカスや繊維が目に入ると痛くてたまりませんし、お湯で落ちるタイプだと涙でさらにマスカラが取れて追加ダメージを受けてしまいます。
マスカラを使えないからには自前のまつげをしっかりさせたいものです。そこで、まつげ美容液を使っています。ただ、これはこれで問題があります。まつげ美容液の油分か何かがコンタクトレンズに少しでも付着すると、レンズが曇って何も見えなくなるのです。対策として毛先にのみ美容液をつけるようにしたところ、レンズは曇らなくなりました。もっとも、根元に塗らなくても美容液が効くのかどうかは疑問です。
ハードレンズはソフトレンズより安全で管理が楽でランニングコストも安いのですが、美容の面では何かと難しいです。

続きを読む

彼氏選びの条件

最近、彼氏を選ぶ基準が分からなくなってきました。私は元々変わった人が好きで、いつも「え、この人?」と言われそうな人を好きになります。しかしだんだんと年を重ねていくうちに、結婚を視野に入れた相手探しをするようになりました。付き合う分には変わり者でも面白くていいのですが、結婚となると色々な人に紹介しますし、家族ぐるみの付き合いもあるし、子どもができればその父親としてまともな立ち振る舞いをしてほしいです。しかし、今好きな人はやっぱり変わっています。易しいのですが気が弱く、女性経験がないので変に理想が高く、現実を見ることができていない気がします。遊ぶ時も待ち合わせ場所やお店選びは全部私が決めています。会話も私がいつも話題を投げて、どうにか話を引き出している状態です。いざという時に金銭面以外では頼れそうにないので、付き合うのを躊躇しています。それでも気になるし、手をつなぎたいとも思います。好きだけど恋人ではない人なのかもしれません。どうしたら良いのか悩んでいます。

続きを読む